あめしょこすめ

コスメやファッションのほか、 内側からも美しくなれる情報や考え方、自分が実践している行動を発信していきます。

【ピアスの話】トラガスは痛い?ピアッサーで開けられる?

 

 

f:id:ameshocosme:20200611021813p:plain


 

0. はじめに

今日はピアスの話をしようと思います。

※軟骨ピアスの話です。写真も載せています。苦手な方はご注意ください。

 

トラガスをあけようか悩んでいる人。

または、あけたいけど勇気が出ない人へ。

7年前にトラガスを開けてから、外していた時期や、開け直しを経験した私の話が、

役に立てればと思いこの記事を書く事にしました。

 

1. トラガスの魅力と、開ける前の注意点

トラガスはとにかく可愛い

私は片耳に7個、ピアスホールがあります。(現在は5個つけています)

個人的に、軟骨ピアスの中で最もオススメの部位です。

 

その理由は、写真を見てもらえればわかります。

f:id:ameshocosme:20200611013042j:plain


 

とにかく可愛いですよね!!

 

あけている人も少ないので、個性も出せつつ、

トラガスはつけるピアスによって個性的にも上品にもできるので、

どんなファッションの人にもオススメできます。

 

 

トラガスがオススメできない人

トラガスは個人的に大好きでオススメなピアスですが、

トラガスがオススメできない人もいます。

 

 ・トラガスがとても小さい人

トラガスは元々小さな軟骨にあけるピアスですが、

あける場所があまりにも小さいと、最悪、排除されてしまいます。

外側から5mmの場所にあけるのが難しそうなら、残念ながらトラガスをあけても1〜2年で排除の可能性があるため、ピアスを外すことになるかもしれません。

 

・アルバイトや仕事で、軟骨ピアスをあけられない人

トラガスはピアスホールが完全に安定するまで1年はかかります。

状態が良ければ半年くらいでピアスを替えることはできますが、

1年以上経ってホールが安定していないと、

1週間も外していたら穴がふさがりかけます。

普通のピアスもそうですが、軟骨は特に、

「バイトの時だけ透明ピアスに」という事は難しいです。

ピアスを常につけていられる環境、または髪の毛で隠していても問題ない人でないと、せっかくあけても楽しめないと思います。

 

・ヘッドホンやイヤホンを快適に装着したい人

トラガスはその部位から、どうしてもヘッドホンやイヤホンの邪魔になります。

内側が平らになっているラブレットという形状のピアスがあり、私はもっぱらラブレットをつけていますが、

それでも多少はイヤホンが外れやすくなりますし、ヘッドホンもピアスを少し気にして装着することになります。

特にホールが安定するまでは、正直痛いです。

ホールの安定も遅くなるので、トラガスをあけた方の耳は半年くらいはイヤホンを諦めることになります。

 

 

 2. トラガスの開け方

どこであける?自分であけられる?

ピアスを開ける時には、まず4つの選択肢があります。

 

A セルフ(自分で開ける)

B ピアッシングに慣れた人にあけてもらう

C ピアススタジオであけてもらう

D 病院であけてもらう

 

結論からいえば、D 病院であけてもらうのがオススメです。

 

 

私は、他の部位は結構セルフで開けましたが、

トラガスに関してはセルフはおすすめしません

なぜなら位置と角度が非常に重要だからです。

 

 

ピアッサーであけられる?

どうしても自分であけるならば、他の軟骨ピアスにもいえることですが、ピアッサーではなくニードルで開けましょう。

ピアッサーは先端がとがっていないので、皮膚や骨を無理やり押しつぶしてあけることになります。

ニードルは刃物なので、正しくあければ、ホールもキレイにあきますし、安定も早く、トラブルも起こりにくいです。

それでもトラガスに関しては、セルフはおすすめしません

 

 

トラガスを絶対に病院であけたほうがいい理由

 

私のトラガスの話をします。

実は私のトラガスは、1度ホールをふさいでから、あけなおしています。

 

私は最初にトラガスをあけた時、

B ピアッシングに慣れた人にあけてもらう

の方法をとりました。14Gのニードルで、すんなりあけることができました。

その時の写真がコチラです。

 

f:id:ameshocosme:20200611014439j:plain

 

ストレートバーベルをつけています。

しかしホールの位置が、かなりギリギリなのがおわかりでしょうか。

角度も、少し外側を向いてしまっています。

 

このホールは、1年くらいかけて完成させた(腫れたりして結構大変だった)のですが、

徐々にホールが外側にきているのが自分でもわかりました・・・

 

 

不安になって、ピアススタジオに相談に行ったところ、

「このままだと排除されてしまうから、外したほうがいい。」

と言われ、泣く泣くトラガスを外しました。

 

 

それから2年ほど経ち、私のトラガスのホールはほぼ完全にふさがりました。

でも、トラガスを諦めきれなかった私は、クリニックで開け直しを決めました。

 

 

私はクリニックでのピアッシングはトラガスが最初で最後でしたが、

耳を何やら器具でキツく固定され、おそらくピアスガンのようなもので

バチン!とやられました。

キツめの固定と、一瞬のピアッシングのおかげで痛みはほぼゼロ。(個人的感想です)

位置も角度も以前より内側めにあけてもらえました。

特に装飾のないラブレットピアス代含めて、費用は8,000円ぐらいだったかな。

ちなみに私は渋クリであけました。

 

 

それから4年ほど経ちますが、ホールは健在です。

腫れもなく、1年程で安定しました。

最初からクリニックであけてもらえばよかった・・・。

 

 

というわけで、トラガスをあけるなら絶対に病院がおすすめです。

というか、まずピアッシングは医療行為なので、医療機関で行いましょう。

 

 

3. トラガスは痛い?

痛みに関しては個人差があるとしか言いようがないのですが・・・

あくまで私の個人的な感想です。痛かったとか痛くなかったとかの苦情は受け付けておりません。

ちなみに私は、採血も仰向けにならないと怖くてできない(起きてると針が見えるから)、

刺される前からずっと足を爪でつねって痛みを分散させてないとダメなくらいのビビリです。参考までに。

 

あける瞬間

 

あえて言うならば、

 

あける瞬間は痛くないです。(個人差あり注意!!)

 

もちろん穴をあけるので完全無痛というのはありえません。

ただあける瞬間は病院なら一瞬なのでよくわからないと思います。

そして私は最初にニードルであけてもらったのですが、ニードルのほうが怖いし痛いです。ブチッという音が聞こえるし。

顔の近くを針が通るので怖いです。

それも含めて病院がオススメです。

 

 

私があえて「あける瞬間は痛くない」と言ったのには理由があって、

 

トラガスはあけた後の方が痛いです。

 

あけた日の晩

ズキズキと頭が痛みます。

頭の近くに穴をぶち抜いてるわけなので当たり前です。

私は痛み止めを飲みました。

 

あけてから1週間

何もしてなくても基本頭が痛いです。

必要に応じて痛み止めを飲んでごまかします。

痛い思いしてあけたトラガス可愛いな・・・という気分にひたれます。

 

あけてから1か月

この期間は本当にデリケートで、ちょっとした刺激で流血します。

髪が長い人はひっかけたりしないよう注意。引っかかると激痛。

もちろんイヤホンもやめたほうがいいです。

 

あけてから3か月

さすがに流血はしないものの、浸出液が出てかさぶたみたいになります。

洗う時などまだまだ注意が必要です。

ひっかけたり寝相が悪いと痛みます。

 

半年~1年

汁も出なくなってきて、安定したかのように感じますが、油断して1日外していたりすると、穴がふさがり始めます。

ピアス交換もできないことはないですが、軟膏を塗って細心の注意を払って替えないと

ホール内はまだ傷が完全に治ってないので、また汁が出たり最悪腫れたりします。

基本的に1年間はつけっぱなしが安心です。

 

 

4. おわりに

怖い話もたくさんしましたが、恐怖や痛みはトラガスを絶対にあけたいという気持ちで乗り越えられます

本当に可愛いので。迷っている人の後押しになれば幸いです。

 

※すべて私の体験に基づいたお話なので、痛みの感じ方やホールの安定には個人差があります。

ピアッシングは医療行為です!!必ず医療機関で行いましょう。