あめしょこすめ

コスメやファッションのほか、 内側からも美しくなれる情報や考え方、自分が実践している行動を発信していきます。

生粋の運動嫌いの女がランニングを始めて変わったこと

 

f:id:ameshocosme:20200624161817j:plain

 

 

 

 

1. ランニング始めました

 

4ヶ月ほど前から、ランニングをしています。

最近は暑さを言い訳にサボり気味なのですが、

子供の頃から生粋の運動嫌いだった私がここまでの運動を続けられているのは奇跡なので、

・なぜ続けられているのか?

・ランニングで体がどう変わったのか?

などを書いていきたいと思います。 

 

 

ランニングを始めたきっかけ


 

きっかけは「ショート丈トップスをカッコよく着こなしたい」という理由からです。

2020年は韓国アイドルのようなショート丈トップスが来るとの情報を仕入れていたので、

なんとしても夏までにくびれウエストを手に入れようと思ったのでした。

 

ちなみに元々痩せ型で食べても太りにくい体質なので、ダイエットはしたことがないです。

ただ、ショート丈トップスが似合うのはただの痩せ型ではなくて、

運動で引き締まった身体だと個人的には思っています。

 

年齢的にもショート丈トップスが着られるのはあと少しだと思っているので、

最後に最高のスタイルでファッションを楽しむために有酸素運動を始めました。

 

 

元々、極端な体力不足が気になっていた

 

子供の頃から動くの大嫌い、外に出るのも大嫌い、

同世代の子供が走り回るのを見て「疲れるだけなのにどうして無駄な体力使うんだろう」と思っていた、嫌な子供でした。

そんな子供だったので、当然体育も大嫌い、何かにつけて見学や休むことばかりしていました。

 

子供の頃から、ちょっと走ると息切れするような体力のなさ。今では階段を1階分登っただけで息切れ。

このままでは老後まずいなぁという思いはずっとあったので、それもランニングを始めたきっかけの一つです。

 

 

2. 【経過報告】距離や時間はどのくらい?


 

①最初の2週間は2km

・距離と時間

私は極端に体力がなかったので、2kmから始めました。

距離よりもまずは習慣づけることが必要なので、無理のない距離で……

 

とはいえ、全く運動をしてこなかった私に2kmのランは超キツかったです。

1kmの時点で「もう帰りたい・・・」と思うこともしばしば。

でもココが勝負だとおもっていたので、極力歩かないように頑張りました。

 

1km7分〜8分くらいのゆっくりペースで走るのが痩せると聞いていたので、ペースはそのくらいで。

信号ストップやクールダウンも含めて、2km走って帰ってくるのに15分くらい。

 

・走る頻度と時間帯

頻度は週に3日程度

この時期は習慣をつけることが目的なので、2日以上間があかないようにしていました。

 

走る時間は午前中にしました。

朝は苦手なのですが、朝走ったらその日は代謝が良くなるので、痩せやすい体になるとのことで、

頑張って午前中に起きて走っていました。

  

・筋肉痛

運動習慣も体力もなかったので、2kmでもじゅうぶん筋肉痛におそわれました

しかも足ではなく腹筋の筋肉痛。足の筋肉を正しく使えていなかったというのもありますが。

湯船にゆっくり浸かるようにしていました。

 

 

②2週間後〜1ヶ月

 

・少し距離をのばしてみる

2kmを2週間続けて「続けられるかもしれない」と思ってきたので、距離を伸ばすことにしました。

無理すると続かないのが見えてたので、2kmを3km、いっても4kmにしただけ。

疲れてる日は2kmだけ。

ペースも頻度も変わらず、とにかく朝のランニングを習慣づけることだけを目標にしていました。

 

・筋肉痛

初めて4km走ると足が筋肉痛になったので、

それ以来走った日は、冷たいシャワーでクーリング→お湯に浸かってマッサージ

をするようにしました。

本当は水風呂を使って温冷の交替浴が、アフターケアとしては理想のようです。(スポーツ選手などがやっているそう)

家庭ではできないのでシャワーで代用。それだけでも疲れの残り方がずいぶんと違いました。

 

 

③1ヶ月後〜2ヶ月

 

・徐々に距離を伸ばしてみる

もう2kmはサクッとこなせるようになったので、

4〜5kmを目安に30分〜40分走るようになりました。

 

ちなみに記録にはStravaというアプリを使用しています。

無料会員でじゅうぶん記録の機能は使えるのでオススメです。

 

プロテインを飲み始めた

この頃からプロテインを飲むようになりました。

30分走って、帰りにコンビニでザバスの小さなパックのプロテインを買って、飲みながらクールダウンで歩いて帰るのが習慣になりました。

 

ちなみにアセスルファムなど人工甘味料の味が苦手なので、ザバスの味はあまり好きではないです。

個人的にはマイプロテインが味・価格ともにオススメですが、

プロテインについては長くなるので別記事で紹介します。 

 

 

④2ヶ月後〜

 

・10kmにチャレンジ

また徐々に距離を伸ばし、5〜7kmで走っていたのですが、

ある日調子が良かったので「今日は10km走ろう!」と思って

10km走り切りました。なんとか。

 

その時の記録がこれ。

f:id:ameshocosme:20200623164910j:image

さすがにだんだん疲れてきて、ペースが落ちてきたので、平均ペースも遅めです。

 

 

ちなみに10km走ったのは2回だけで、あとは基本的に5km前後。

4ヶ月経つ今も、基本的にランニングは4〜5km、30分程度で続けています。

 

ただ、このチャレンジは「自分は10km走れた」という自信につながったので、やって良かったと思っています。

4月だったので、暑くなる前にチャレンジできてよかった。

 

 

3. ランニングで変わったこと

 

ウエスト58cmを達成

エスト58cmを達成

 

痩せた(ウエスト58cm!)

 

まず一番に痩せました。

体重は-2kg、体脂肪率は-3%と数値で見るとそんなに大きな変化ではないのですが、

見た目が明らかに変わりました。

元々63cmだったウエストが58cmになりました。

 

ちなみにウエスト58cmというのは、一つの壁というか、重要な数値です。

というのも、多くの細身のモデルやアイドルの公式スリーサイズに、ウエスト58cmが使われているからです。

現実、ウエスト58cmというのは、どこにでもいるものではないです。

身長にもよりますが、かなり細身の方でも、ウエストが60cmをきっているというのは中々ないです。

お手元にメジャーがある方、メジャーで60cmの輪っかを作ってみてください。エスト58cmというのがいかに現実的でない細さなのかわかります

 

芸能人が「盛る」数値としてのウエスト58cmを、リアルに達成したというのは、個人的には凄いことだと思っています。

(私は身長が平均より低めなので達成しやすかったというのもあるかもしれません)

 

今では自信を持ってショート丈トップスを切られるし、以前ちょうどよかったパンツもゆるくなりました。

 

 

階段で息が切れなくなった

 

駅の階段を普通のペースで上っても、息が切れなくなりました。

個人的に痩せた次に嬉しい事です。

 

 

高めのヒールで転びにくくなった

 

これは思わぬ副産物でした。

私は身長が低いので8cm以上のかなり高いヒールが好きなのですが、

筋肉不足から転んだり足を捻ったりと事故が多いので、普段は泣く泣くスニーカーを履いていました。

 

おそらく最低限の筋肉がついたことで、転びにくくなったんだと思います。

 

 

4. モチベーションを保つコツ

 

痩せないと着られない服を買う

定番ですが。

 
私の場合はショート丈トップスと、

お腹を引っ込めていないと苦しいくらいのボトムスを買いました。

買っちゃったからには痩せて着たいと思えるのでいいモチベになります。

 

 

目標にしている人を常に目に入るようにする

私の場合、推しているスタイルの良いアイドルのライブを頻繁に見たり、

スマホの待ち受け画面にしたり、

スタイルの良い人をInstagramでフォローしまくって、いつも目に入るようにしていました。

意外と重要です。

 

アプリで記録をとる

自分の成果を見える化することは、何事においてもモチベーションを保つ上で重要です。

ペースを把握するという面でも、アプリで記録するのは必須です。

私はStravaというアプリで記録しています。

 

暑くない時期に始める(超重要)

私は2月に始めたので、肝心な最初の3ヶ月は暑さで挫折することがなかったです。

今はいつ走っても暑いのでついサボってしまっていますが、涼しい日を狙ってなんとかかんとか続けています。

でも始める時期が5月とかだったら早々に挫折して、習慣付くところまで行けなかったと思います・・・

始めるなら10〜2月がオススメです。

 

 

5. 軽い筋トレも合わせてやっていた

 

実はランニングと並行して、プランクを始めました。

プランクチャレンジとかで調べると出てきますが、1ヶ月のプランクから初めて、簡単な筋トレも合わせて行っていたので、

得られた効果はランニングだけのものではないです。

 

有酸素運動と筋トレをあわせて行うことで引き締まったカラダが得られるので、

どっちかだけ、でもダメなんだと思います。

あとストレッチもしてました。

プランクチャレンジや筋トレ、ストレッチについては別記事で書こうと思います。

 

 

運動嫌いへのエールになれば幸いです。