あめしょこすめ

コスメやファッションのほか、 内側からも美しくなれる情報や考え方、自分が実践している行動を発信していきます。

トラネキサム酸はできたシミにも!ビタミンC誘導体との違いは?


美白コスメを選ぶ時、有効成分を気にしていますか?

色々な有効成分がありますが、なんとなく選ぶのではなく、
自分に合った有効成分が入った美白コスメを選ぶことが大切です!

今回はよく美白コスメで見る
・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
の2種類について、それぞれの成分の特徴を紹介します。

ちなみに私が愛用している、トラネキサム酸がたっぷり入ったポーラのシートマスクについても、後ほどご紹介します!

 

 

f:id:ameshocosme:20200811224843j:plain

1. ビタミンC誘導体とトラネキサム酸の特徴


厚生労働省の認める有効成分


ビタミンC誘導体とトラネキサム酸は、それぞれ特徴や目的が異なりますが、
共通しているのは、
どちらも厚生労働省の承認を受けた「美白有効成分」であるということです。

(※「美白」とは、シミのもとになるメラニンの発生を抑えることです。)




ビタミンC誘導体の特徴・オススメな人


ビタミンC誘導体は、ケシミンメラノCCなど、多くのドラッグストアなどで売られている美白コスメに配合されています。

次のような特徴があります。
・作用が非常におだやか
メラニンの生成をおさえる
・比較的安価なものも多い


ビタミンC誘導体は、どちらかといえば予防的な美白成分です。
日常的に使うことで、メラニンの生成をおさえ、シミの発生を防ぐという成分です。


美白成分の中では作用もおだやかで、刺激もあまりないので、
敏感肌の人に向いています。


ただし、できてしまったシミにはあまり効果がないというデメリットがあります。
メラニンの還元作用があるものの、刺激が弱い分、あまり作用も強くはないです。



トラネキサム酸の特徴・オススメな人


トラネキサム酸は、トランシーノHAKUに配合されています。

私の愛用しているポーラのホワイトショットシリーズにも、トラネキサム酸が使われています。


次のような特徴があります。
・炎症を鎮めてシミを予防する
・すでにできたシミにも効果を発揮する
・肝斑の改善が認められている

ビタミンC誘導体が広く浅く穏やかに効果を発揮する美白成分だったのに対して、
トラネキサム酸は炎症により活性化したメラニンを抑え、シミを予防するという成分です。

トラネキサム酸は古くから医療用医薬品として、止血剤や抗炎症剤として使われてきた歴史があります。
ビタミンC誘導体よりは作用も強い分、刺激も強めになるので、
敏感肌の人は注意が必要かもしれません。(ピリピリしやすい人など)

ただ、医療用としても使われてきたものなので、しっかり効果が認められている成分です。


肝斑の改善効果が認められている*1ので、肝斑に悩む人にもおすすめです。



f:id:ameshocosme:20200811225816j:plain

2. トラネキサム酸のシートマスクで贅沢保湿&美白

私はポーラホワイトショットシリーズをライン使いしていたのですが、
化粧水・乳液・美容液と全部使っていると結構お値段が張るので、
最近はシートマスクでスペシャルケアとして取り入れています


1回あたり370円スペシャルケアができるので、
私は週に2回ほど使用しています!


紫外線の気になる季節、うっかり日焼けをしてしまった後などにも使用しています。


日やけ止めなどの紫外線対策ともちろん併用していますが、
メイクのりもよくなったように思います!


5,000円以上で送料が無料なので、ポーラの公式サイトから購入するのがオススメです。



3. トラネキサム酸はドラッグストアで売ってるアレにも!

 

トラネキサム酸はドラッグストアで購入できるMEN'Sケシミンにも含まれています。

f:id:ameshocosme:20200811230155p:plain

これは最近のリニューアルでトラネキサム酸を配合するようになったようです。

 

MEN'Sケシミンは価格が安いこともあり、トラネキサム酸の配合量はそれほど多くはありません。

しかしトラネキサム酸は、同時に刺激もある成分なので、毎日強い成分を使うよりも、

スペシャルケアとして集中的に取り入れる方が向いている成分です。

 

 

 

4. 美白コスメの使い方

 

私のおすすめは、日常的なケアはケチらず使えるMEN'Sケシミンを使って、

週に2回のスペシャルケアとして、ポーラのシートマスクを使うというケアです。

 

 

例えば紫外線を多く浴びてしまったという日には、その日のうちにポーラのシートマスクで鎮静します。

私はシートマスクは冷蔵庫に入れて保管しています。

(日焼けは軽い火傷と同じなので、すぐに冷やして鎮静することが大切です)

 

 

あまり日焼けをしていない日には、MEN'Sケシミンの化粧水でコットンをひたひたにし、お肌に貼り付けてコットンパックをしています。

特に頬骨など顔の高い位置は、気づかないうちに紫外線を浴びてシミになりやすいので、両頬骨にコットンパックしています。

 

 

さらに紫外線の気になる季節には、コットンパックの後にメラノCCのしみ集中対策美容液を、頬骨を中心につけます。

通常、ビタミンCは安定して角質層の奥へ届けるのが難しい成分ですが、

メラノCCロート製薬独自の技術で、ビタミンCがこわれないまま角質層の奥まで届くそうです。

 

 

 

 

まとめ

ビタミンC誘導体は刺激が比較的少なく、敏感肌でも使いやすい

・ケシミンやメラノCCに含まれており、予防的な使い方が基本

トラネキサム酸はできてしまったしみにも効果を発揮する

・ただし刺激があるので、敏感肌の人は注意が必要

週2回のスペシャルケアとして使うのがおすすめ

・ポーラのシートマスクなら1回370円でケアできる!